コンビニエンスストアに立ち寄った際

常に上3寸法痩せていたらというようなウェイトでずーっと過ごしてきましたが、自分に合いそうな減量を試しても思うように体重が落ちずに本日に至りました。

2寸法までは落ちるのに、どうしても最後の追い込みがかけられず敗走。ボクは足にばっかり肉が付くので、痩せてきたらなんとなく体格を落としたショーツを買って、またたちまち履けなくなるの繰り返しでした。

こんなとある時コンビニエンスストアに立ち寄った際に、おつまみ放物線における貝ひもが瞳に立ち寄り、その日のおやつにはこれをつまみにコーラ(カロリー不在)を飲み込むことに決めました。

貝ひもはプラスが多いので、随時貰う口が寂しい時用のおやつだ。貝ひもをチビチビ食みながらコーラを飲んでいるっていい具合に生易しい&しょっぱいサイクルが出来上がり、ほどよい喜びのおやつ時刻になりました。

貝ひもを食べた後の顎の消耗とコーラの発泡効果で食いでもかなりのもの。こういうコーディネートに丸ごとハマり、小ひと月ほど昼間はこういう2つで過ごしていました。

貝ひもが胴で膨らむのか、これを正午にのんべんだらり食べると夕方まで胴が空かず、なんだか食べる音量が減っている知覚はありましたが、試しにウェイト総計に乗ってみるとまさかの3寸法減!完全に美味しい誤算でした。

買ってもうすぐ履けなくなって仕舞っていたショーツたちも活用できるようになり、景気効果もバッチリです。十人十色食の意図はあれど、手軽なのでオススメしたい貝ひも減量ですが、症状がひとつ。食べて掛かる外観が猛烈にショボいのだ。

うちに遊びに来たそれぞれは、資産ゴミの箱に入った大量のコーラのペットボトルって、食べかけの貝ひものカバンが置かれたこたつを見て、「これは女子の部屋じゃない」といった言い放ちました。あんな貝ひもコーラ減量、試してみたい場合は誰にも秘密でやることをおすすめします。
アドエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です